【格言】トム・モレロのありがたいお言葉。

Vans ワープドツアージャパン2018で来日予定のプロフェッツ・オブ・レイジのトム・モレロ。

素敵なインタビュー記事にちょっと感動したので共有します。多感な時期っていつだって起こりえるよね?言う風に思います。

今俺、娘が生まれて、会った事ない人に会って、やった事ない事やってすんごく多感な時期に突入いたしました。

おじさんになって多感な時期迎えると楽しいし、ちゃんとした俺なりのパンクを行動に移せれます。ち●こ片手に、ぎゃーぎゃーうるせえだけがパンクじゃないなと。

あ、ち●こ片手にぎゃーぎゃー言うのも嫌いではないですけどね。

で、そんな多感なパンクおじさんの総宝山、プロフェッツ・オブ・レイジのトム・モレロ氏のお言葉が、非常にありがたかったのでローリングストーン誌の記事読んでみてつかぁさい。

ローリングストーンジャパンム・モレロインタビュー

翻訳だから彼がどういう喋り方なのか定かじゃないんだけど、ものの言い方が素晴らしい。寄り添う人達への配慮と言うか、力強さの中に物凄い優しさがあって。うるっときちゃいました私。

そして、このインタビューで産まれた格言。

以下抜粋。


アーティストとしての成功をはかる基準はひとつだけ。“自分が作るアートにおいて俺は真実を語っているのか?”という問いに、イエスと言えるのか否か。


す、すご、ゴイスーーー!なんともまぁ胸に刺さるお言葉。

やってる事、言ってる事、喋り方含め、

かっこ良過ぎんだろ。人として。

さて、今日俺が仕事から帰ってWhammy引っ張り出してきてトム・モレロごっこしない事を切に願おう。嫁に怒られちゃうからね。

ではー。

【格言】トム・モレロのありがたいお言葉。」への2件のフィードバック

  1. 最近、朝通勤でコペたんのレコメン聴いたりしてるんが…

    今、これ開いて5秒でカッコイイの確定したから先にコメしとく♡ひゃっほい

  2. おはよ!ありがとうー!!
    ワープドツアーで観にいけばいいんではないでしょうか!ワンマンもありそうやけど。
    都内の人は裏山!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です