【スモーキー】アメリカのスカ/レゲエ事情 その1

ハードコアパンク聴いててレゲエスカ聴いてねえとか乙ですー。かと言ってスペシャルズ!サイコー!とかも言いませんが。あったかくなってきましたし季節的にもいい時期ではないでしょうか。

ジャッキーミトーとか?ボブマーリーとか?はたまた昔夕方の報道番組のエンディングの曲になってたインナーサークルとか?(ちょっと嘘)

なんかやたらレゲエ掘ってた時期もあってですね、歴史的にもパンクと密接な関係にあるレゲエ、スカちゅーことで、

私的なレゲスカをご紹介してみまんす!スペシャズ!オヌヌメ!イエイ!

Hepcat

割とレアな動画。

Hepcat WIKI

オーセンティックで色気あるスカバンド。元はと言えばランシドのティムのレーベルに在籍してたのがきっかけ。

The Slackers

The Slackers Wiki

彼等もそう。ティムのレーベルヘルキャットにいた時期があって。

Hepcatよりもロッキンでジャマイカンというよりアメリカン!

アコースティックセッション。バーベキューしながら聴きたいやーつ。

The Lions

Hepcatの元メンバーも在籍するレゲエバンドで、名門ヒップホップレーベルStones Throwに在籍中。

The Steady 45’s

カリフォルニアのスカバンド。

Westbound Train

ボーカルのObi のソロアルバム。これはマジでオススメやーつ。

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です