【音楽の真骨頂】俺の糞みたいな毎日が一瞬にして映画のワンシーンになる曲。

どーもー。なかやまんこうへいでーす。うぇーい。

苗字と名前の間に「ん」を入れるだけで卑猥な私、その名もマンペイ!昔そう呼ばれてました。

皆さん、糞みたいな人生送ってますか?僕は送っていますよ!だから音楽にすがりついてい生きていますよ!よ!

みんな花粉症?偶に「ゲフィン!」ていうくしゃみする人いません?そんなひとに遭遇する度に心の中で「メジャーレーベル!」って相槌うってます。

Death Cab For Cutie “Grapevine Fires”

みんなの糞みたいな数分が映画のになったかな?

Death Cab For Cutie”A Movie Script Ending”

オナチン(オナニーチンパンジー)の諸君。昔、木っ端にふられた過去最高に可愛いあの子思い出した?これぞクソ人生が煌びやかな映画になる曲。僕は大阪に行ったあの子と美容師してるあの子と広島に住んでたキャバ嬢だったあの子を思い出すぞ!!

キャバ嬢だったあの子とはよく映画を観に行ったぞ!映画のデートはお客と余計な会話しなくて良いよので、キャバ嬢の間で流行ったデートコースだぞ!

でも、その子の家に行った事は超内緒♡ちなみにその子はNo. 1だったぞ。嘘じゃねーからな!

American Football “Never Meant”

これも昔の彼女思い出す系だ。僕は3ヶ月かどうかも定かではないが、今の嫁さんの前に付き合ってた歯医者さんの子のフェラチオがめちゃくちゃ上手かったのを思い出す!

まさか、、、元尺八嬢か?と疑うほどだ。

最後はこれ。

映画みたい、じゃなくて映画ですし、勝新殺陣!

んじゃねーん!バイナリー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です