DISCORD LOG 上半期 ベスト5アルバム

気がつけばなんと半年過ぎてしまっているという2018。この事実を皆さんは認知できていますか?

認知できずにいて、気がついて、なんちゅーこっちゃねん!!もう半分以上過ぎ去ってて、一体私は2018年何をしてきたんだ!誰に対して何の爪痕を残せれたのか?

そんな絶望感に上乗せして、愛車を2度も立て続けにぶつけ耳を塞いでお布団の中直行便で上半期ベスト5をお届け致します。

それでは2018年上半期、私なかやまがフガフガ鼻息荒くなったアルバムベスト5を発表していきます。順不同です。ちなみに5でおさまらない可能性もあります。ご了承ください。


Collections of Colonies of Bees “Hawaii”

ポストロック界隈で言うと既に重鎮の域達してるベテラン中のベテランがここに来て女性メンバー加入という柔軟性。昔の音がどうとか賛否あるかもしれないがそういうのめんどくせい、だせいから先入観ゼロで聴いてみ。ハイキタウルトラグレートアルバム。

『こういうのが俺たち』っていうオリジナリティとか音楽性ががっちりとしてるのが当たり前のベテランが、ここに来て女性ボーカルメンバー加入という、音楽性の天地がひっくり返りそうな事件があって、僕はもうそれだけで本当にすげえと思うし、聴く前から本当に楽しみだった。

でもね、どしても初期衝動から逃れられないというか、昔超好きだったあの頃の方向性でいて欲しい。シュールでミニマルで。それこそが彼らにしか出せない音だ、、、そんな思いは理解できるけど。

でもね、すんごいと思うHawaii。

ベテランの進化。みなさんはどう捉えますか?


Rafiq Bhatia “Breaking English”

SonLuxのギタリトとしてのキャリアもさる事ながら、多種多様な音楽が見事に融合したファーストソロアルバム。かつ、しっかりとギタリストアルバムという認識も感じさせつつ、幅広いリスナーにアプローチし巻き込みうねりをあげるハリケーンアルバム。

なぜか僕はこのアルバムを聴いてると超フェイバリットアルバムであるTelefon Tel Aviv のセカンドアルバム”Map of What is Effortless “を思い出すんだよね。雰囲気が近い気がするんす。あのアルバムもソウルやR&Bなんかのブラックミュージックが見事に融合した歴史的アルバム。このアルバムもIDM、ポストロック、ジャズ、ブルース、エレクトロニカ、、、この辺りの音楽性が上手くブレンドされているサウンドクリエイト超技巧派アルバム。レーベルもデカいANTIだしもっとさわがれて良いと思うんだかね。

過去の紹介記事

Tangled Hair “We Do What We Can”

やっとでたー。苦節8年。もう解散してたと思った8年。本気で忘れてた頃にファーストアルバム!

Stiff Slackの販売ページ

スティッフスラックのみCD販売みたいです。視聴もできますので上のリンクからどうぞ。

6年前ToeのMachu pichuからリリースしていたEP集。マスロックとしては歌モノ、インスト関係なく大本命。ちゃんとエモくてさ。


Dead to Me “Would it kill You?(single)””Fear Is The New Bliss(single)”

One Man Army 時代からのファンの皆様おまっとさんでした。祝!ポップパンクマスターJack Dalrymple帰還!

jack節全開。やぁっぱあの甘い歌声、メロディーライン特級品。2016年のシングル”I Wanna Die In Los Angels “から最高過ぎんだろぉー。ニューアルバムのアナウンスを寝て待ちたいところですな。


Converge “Beautiful Ruin – EP”

帝王。


Eternal Sunset “The Tree of The Knowledge of Good and Evil”

コロラドのロッキー山脈の麓のデュオだという事しかわからないんだけども。完全自主制作でリリースされた音源で、これもApple MusicのChill mixプレイリスト聴き流してると脳が反応して、ん?うおっ!なにこれ?てなったんだよね。こんだけマイナーなのにプレイリスト選ばれてるって何が基準なんだろう。。。不思議。

これからも彼らを追っかけるし、こういうのって彼らにメールしたりすれば良いんだろうなぁ。

ヴィンテージ感漂うエモ〜インディーロック〜カントリーの激渋サウンド。メロディーはどこまでも透明感あって、美しいくも、やはり渋い。

Brandon Butler(boy’s life)やMineral/The Gloria RecordのChris Simpsonによるソロプロジェクト、Zookeeperなんか、はたまたThe Restorationsなんかの渋さがズッポシの方。自信持ってオススメ致します!

Eternal Sunset


Vessels”Great Distruction”

マスロックだと思いませんか?これ。こんな複雑に絡み合うシンセやサンプル、昔と使ってる楽器がちがうだけで数学的に計算されたフレーズが絡み合うエレクトリックバンドサウンド。ダンスミュージックとバンドアンサンブルのハイブリッド感が秀逸過ぎるスーパーアルバム。

 

昔のギターバンドの所謂ポストロック、マスロック、静と動のmogwaiなんかの系譜もあってでしたが、3rdから大々的にシンセやMIDI楽器を取り入れて始めたUKのVessels。

昔も好きだけどこのハイブリッド感はたまらんです私は。

4つ打ちからの変拍子なんかもちゃんと(?)あったりと随所にがっつりマスロック感。

2017に出たアルバムですが私は今年初頭から聞いております故ご容赦を。


以上上半期鼻息がフガフガしたアルバムベスト7でした。

コメント、感想はこのブログのコメント欄かTwitter@DiscordLogまたは#Discordlogまでよろしくお願いします。

ではまた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です